研究発表

2019年度

・和文原著論文

1. 増谷佳孝, 石田善喜
Demonsアルゴリズムの一般化とその応用
Medical Imaging Technology 37(4), 2019, 2019年(印刷中)

 

・和文解説論文

1. 増谷佳孝
<講座> 拡散MRI(1) 概要および信号値モデル
Medical Imaging Technology 37(2):116-120, 2019, 2019年4月

 

・国際学会発表

1. Masutani Y
Noise Level Matching Improves Robustness of Diffusion MRI Parameter Inference by Synthetic Q-Space Learning
IEEE 16th International Symposium on Biomedical Imaging (ISBI), Venice, Italy, Apr. 2019

2. Sasaki K, Masutani Y
DKI parameter inference by deep neural networks trained by synthetic data
International Society for Magnetic Resonance in Medicine (ISMRM) 27th Annual Meeting & Exhibition, Montreal, Canada, May 2019

3. Masutani Y
Brain Local Structure Inference by using Diffusion MRI and Deep Neural Networks
Computational and Mathematical Biomedical Engineering (CMBE) 2019, Sendai, Japan, Jun. 2019

 

・講演

1. 増谷佳孝
ニューラルネットワークによる回帰の基礎と拡散 MRI 信号値モデルのパラメタ推定への応用
日本放射線技術学会 中国・四国支部2019年度支部セミナー, 徳島, 2019年6月


 

2018年度

・和文解説論文

1. 増谷佳孝
拡散MRIの発展と近年の動向
画像電子学会誌 47(2):177-180, 2018年4月

 

・国内学会発表

1. 増谷佳孝, 佐々木公
Deep Regressionによる拡散MRIの各種モデルパラメタ推定のための学習データの生成と拡張
第2回人工知能応用医用画像研究会, 東京, 2018年6月

2. 増谷佳孝, 佐々木公
Deep Regressionによる拡散MRIの各種モデルパラメタ推定 〜 生成型学習データの分布が及ぼす影響について 〜
電子情報通信学会医用画像研究会, 岩手, 2018年7月

3. 増谷佳孝, 石田善喜
Demons アルゴリズムの一般化とその応用
第37回日本医用画像工学会大会, 筑波, 2018年7月

4. 佐々木公, 増谷佳孝, 廣川裕
Estimation of diffusional kurtosis using deep regression neural network (DRNN): experiments with synthetic training data
第46回日本磁気共鳴医学会, 金沢, 2018年9月

5. 増谷佳孝, 佐々木公
Model parameter inference for diffusion MRI signal models by using deep regression neural network and its validation
第46回日本磁気共鳴医学会, 金沢, 2018年9月

6. 増谷佳孝, 佐々木公
Deep Regression Neural Networkによる拡散MRIの信号値モデルパラメタの推定:合成データのみによる学習における学習パラメタの効果
第1回 日本医用画像人工知能研究会, 福岡, 2018年10月

7. 増谷佳孝
Deep Regression Neural Networkによる拡散MRIの信号値モデルパラメタの推定:GPUレス環境のためのソフトウェア実装
第41回日本生体医工学会中国四国支部大会, 松江, 2018年10月

8. 増谷佳孝
拡散MRIによる生体微細構造推定のための生成型Q空間学習
CREST・さきがけ・AIMaP合同シンポジウム「数学パワーが世界を変える 2019」, 東京, 2019年3月

9. 植木 翔太, 藤原 久志
定量位相顕微鏡の測定分解能の評価方法の開発
第6回生命分子科学研究会, 志賀島, 2019年3月


・講演

1. Masutani Y
Noise level effects on dMRI parameter inference by synthetically trained deep neural networks
Centre for Medical Image Computing, University College London, London, UK, Nov. 2018

 

2017年度

・英文原著論文

1. Takemura MY, Hori M, Yokoyama K, Hamasaki N, Suzuki M, Kamagata K, Kamiya K, Suzuki Y, Kyogoku S, Masutani Y, Hattori N, Aoki S,
Alterations of the optic pathway between unilateral and bilateral optic nerve damage in multiple sclerosis as revealed by the combined use of advanced diffusion
Magn Reson Img. 39:24-30, 2017

2. Taoka T, Masutani Y, Kawai H, Nakane T, Matsuoka K, Yasuno F, Kishimoto T, Naganawa S,
Evaluation of glymphatic system activity with the diffusion MR technique: diffusion tensor image analysis along the perivascular space (DTI-ALPS) in Alzheimer's disease cases.
Jpn J Radiol. 35(4):172-178, 2017

 

・国際学会発表

1. Masutani Y, Sasaki K,
Toward Analytic Computation of Fiber-Radial Diffusional Kurtosis by Q-Space Data Representation with Radial Basis Functions
International Society for Magnetic Resonance in Medicine (ISMRM) 25th Annual Meeting & Exhibition, Apr. 2017

 

・国内学会発表

1. 増谷佳孝, 阿原一志, 鈴木宗村, 植田琢也
造影CT画像における点群入力に基づく 腸間膜の3次元形状推定と再構成について
電子情報通信学会医用画像研究会, 仙台, 2017年7月

2. 増谷佳孝, 佐々木公
拡散MRIのQ空間データにおける補間 および線積分に基づく 線維に垂直な方向の信号減衰比 の再構成法の比較
電子情報通信学会医用画像研究会, 仙台, 2017年7月

3. 青山正人, 片山玄汰, 藤原久志, 増谷佳孝
逐次選択法を用いた特徴量の決定に基づく肺結節自動検出
第36回日本医用画像工学会大会(JAMIT 2017), OP12-3, 2017年7月

4. 佐々木公, 増谷佳孝
放射基底関数を用いたQ空間補間の精度評価:単一b値の拡散MRIデータにおける実験
日本磁気共鳴医学会, 宇都宮, 2017年9月

5. 増谷佳孝, 阿原一志, 鈴木宗村, 植田琢也
放射基底関数による 点群からの曲面再構成と 腸間膜形状推定への応用
CREST・さきがけ・数学協働プログラム合同シンポジウム, 東京, 2018年1月

6. 植木 翔太
定量位相顕微鏡の改良:光源の波面計測と評価
第5回生命分子科学研究会, 南阿蘇, 2018年3月

7. 濱田尚瞳
一次元光検出素子とXY自動ステージを用いた顕微鏡計測装置の試作
第5回生命分子科学研究会, 南阿蘇, 2018年3月

 

・和文解説論文

1. 青山正人, 古本大典, 高木勇一郎, 檜垣徹, 粟井和夫
HRCTとPETを統合させたコンピュータ支援診断の有用性
臨床放射線, Vol.62, No.10, pp.1245-1254, 2017年10月

 

・著書(Book Chapter)

1. Kobatake H, Masutani Y (Eds.)
Computational Anatomy Based on Whole Body Imaging: Basic Principles of Computer-Assisted Diagnosis and Therapy
Springer, June 2017

2. 増谷佳孝
多元計算解剖学の目的(第2章・第1節)
(橋爪誠 編著)多元計算解剖学の基礎と臨床への応用, pp.18-21, 2018年3月

 

・講演

1. 増谷佳孝
医用画像処理の基礎と実際:撮像から画像解析の応用まで
JST研究成果展開事業:画像科学の最前線 - 基礎数理から医療応用まで, 川崎, 2017年10月

2. 増谷佳孝
計算解剖学とは:「かたち」の機械学習と生体構造認識への応用
JST研究成果展開事業:画像科学の最前線 - 基礎数理から医療応用まで, 川崎, 2017年10月

3. Masutani Y
12 years in a university hospital for research and development of medical imaging software
JSPS-NSF Bilateral Joint Research Seninar, Kyoto, Japan, Nov. 2017

4. 増谷佳孝
放射基底関数の医用画像処理への応用における実問題について
第2回医用画像と数理に関する4プロジェクト合同セミナー, 札幌, 2017年11月

5. 増谷佳孝
工学者が医工連携で得た視野:病院の外から・病院の中から
第21回関西Radiology Update, 大阪, 2018年3月

 

2016年度

・英文原著論文

1. Hanaoka S, Masutani Y, Nemoto M, Nomura Y, Miki S, Yoshikawa T, Hayashi N, Ohtomo K, Shimizu A.
Landmark-guided diffeomorphic demons algorithm and its application to automatic segmentation of the whole spine and pelvis in CT images
Int J Comput Assist Radiol Surg. 2017 Mar;12(3):413-430

2. Taoka T, Masutani Y, Kawai H, Nakane T, Matsuoka K, Yasuno F, Kishimoto T, Naganawa S.
Evaluation of glymphatic system activity with the diffusion MR technique: diffusion tensor image analysis along the perivascular space (DTI-ALPS) in Alzheimer’s disease cases.
Jpn J Radiol. 2017 Apr;35(4):172-178, 2017 (Epub 2017 Feb 14)

3. Hanaoka S, Nakano Y, Nemoto M, Nomura Y, Takenaga T, Miki S, Yoshikawa T, Hayashi N, Masutani Y, Shimizu.
Automatic detection of vertebral number abnormalities in body CT images
Int J Comput Assist Radiol Surg. 2017 Jan 6

4. Hanaoka S, Shimizu A, Nemoto M, Nomura Y, Miki S, Yoshikawa T, Hayashi N, Ohtomo K, Masutani Y.
Automatic detection of over 100 anatomical landmarks in medical CT images: A framework with independent detectors and combinatorial optimization
Med Image Anal. 2017 Jan;35:192-214

5. Yokoyama K, Hamasaki N, Suzuki M, Kamagata K, Kamiya K, Suzuki Y, Kyogoku S, Masutani Y, Hattori N, Aoki S
Alterations of the optic pathway between unilateral and bilateral optic nerve damage in multiple sclerosis as revealed by the combined use of advanced diffusion kurtosis imaging and visual evoked potentials
Magn Reson Imaging. 2016 Apr 21;39:24-30

 

・和文解説論文

1. 福田浩士, 中野靖久, 藤原久志, 香田次郎, 常盤達司,
医療分野を担う情報処理技術者の育成―広島市立大学情報科学部医用情報科学科の学生実験―
日本神経回路学会誌,vol. 23, no.4, pp146-152, 2016年12月

2. 増谷 佳孝,
拡散MRI 解析における数理的基礎と応用
医用画像情報学会雑誌, vol. 33, no. 2, pp.22-27, 2016年7月

3. 根本 充貴, 増谷 佳孝, 野村 行弘, 花岡 昇平, 三木 聡一郎, 吉川 健啓, 林 直人, 大友 邦,
画像診断支援における機械学習
医学物理, vol. 36, no. 1, pp.29-34, 2016年11月

 

・著書(Book Chapter)

1. Ahara K, Suzuki M, Masutani Y, and Ueda T
(Book Chapter) Basic Research for the Patient-Specific Surgery Support System—An Identification Algorithm of the Mesentery Using 3D Medical Images
The Role and Importance of Mathematics in Innovation (Part of the Mathematics for Industry book series, volume 25), pp.77-86, August, 2016


・国内学会・研究会発表

1. 藤原 久志, 津風S二, 石渡孝,
1回貫通型および複数回貫通型膜タンパク質のアミノ酸配列の統計的解析
第16回日本蛋白質科学会年会,福岡,2016年6月

2. 増谷佳孝, 中村 優記, 青山 正人,
拡散MR画像による脳白質軸索半径の推定と可視化
日本医用画像工学会JAMIT2016、千葉、2016年7月

3. 野村行弘, 増谷佳孝, 工藤俊介, 中口俊哉, 澤田好秀, 北村凱平, 青山正人, 花岡昇平, 中尾貴祐, 根本充貴, 三木聡一郎, 吉川健啓, 林直人
UTH CAD Challenge 2015プロジェクト現況報告
日本医用画像工学会JAMIT2016、千葉、2016年7月

4. 藤原久志, 洲崎悦子,
高速度画像記録装置の構築とバイオイメージングへの応用
第25回 日本バイオイメージング学会, 名古屋, 2016年9月

5. 増谷佳孝, 佐々木公,
拡散MRIのQ空間データにおける補間および線積分に基づく線維方向およびその垂直方向の拡散尖度の計算方法
電子情報通信学会医用画像研究会 (信学技報, vol. 116, no. 298, MI2016-70, pp. 33-34), 鳥取, 2016年11月

6. 北村凱平,竹内遼, 青山正人, 藤原久志, 増谷佳孝,
乳房X線画像における病変の良悪性鑑別のためのCNNによる部分領域学習と多数決処理
生体医用画像研究会第4回若手発表会, 大阪、2017年3月

7. 藤原 久志, 津 祐二, 石渡 孝,
一回貫通型および複数回貫通型膜タンパク質の膜貫通領域のアミノ酸配列解析
第4回 生命分子科学研究会, 札幌, 2017年3月

 

・講演

1. 増谷佳孝
拡散MRI解析の基礎
第111回日本医学物理学会学術大会, 横浜, 2016年4月

2. 増谷佳孝
CIRCUSプロジェクト概要
第11回次世代コンピュータ支援診断ソフトウェア臨床使用・評価プラットフォーム研究会, 東京, 2016年6月

3. 増谷佳孝
拡散MRIの信号値モデルについて
医用画像と数理に関する4プロジェクト合同セミナー, 札幌, 2016年9月

4. 増谷佳孝
CIRCUSプロジェクト概要
第12回次世代コンピュータ支援診断ソフトウェア臨床使用・評価プラットフォーム研究会, 広島, 2016年11月

5. 増谷佳孝
MRIを用いた生体内水分子の拡散現象の計測と解剖構造推定への応用
電子情報通信学会スマートインフォメディア研究会, 広島, 2016年12月

6. 増谷佳孝
拡散 MRI の基礎から最近の新展開まで
第127回日本医学放射線学会 中国・四国地方会, 徳島, 2016年12月

7. 増谷佳孝
医用画像処理の基礎と実際 − 撮像から画像解析までの基礎数理と応用技術,
計算解剖学とは ー 計算機内の知識表現、パターン認識と機械学習
JST研究成果展開事業・リサーチコンプレックス推進プログラム「臨床医療における統計科学・画像科学の最前線」 , 川崎, 2017年2月

 

2015年度

・英文原著論文

1. Taoka T, Fujioka M, Kashiwagi Y, Obata A, Rokugawa T, Hori M, Masutani Y, Aoki S, Naganawa S, Abe K
Time Course of Diffusion Kurtosis in Cerebral Infarctions of Transient Middle Cerebral Artery Occlusion Rat Model.
J Stroke Cerebrovasc Dis. 25(3):610-7, Mar 2016 (Epub 2015 Dec 24.)

2. Miki S, Hayashi N, Masutani Y, Nomura Y, Yoshikawa T, Hanaoka S, Nemoto M, Ohtomo K,
Computer-Assisted Detection of Cerebral Aneurysms in MR Angiography in a Routine Image-Reading Environment: Effects on Diagnosis by Radiologists.
AJNR Am J Neuroradiol. 2016 Feb 18. [Epub ahead of print]

 

・和文研究速報

1. 木田 智士、増谷 佳孝、中野 正寛 、今江 禄一 、中川 恵一、芳賀 昭弘
逐次最適化散乱補正アルゴリズムを用いた kilo-voltage cone beam CT の画質改善
MEDICAL IMAGING TECHNOLOGY, vol. 33, no. 3, May, 2015

 

・国際学会・研究会発表

1. Masutani Y, Hori M, and Aoki S,
Unstructured sampling and RBF-based ODF reconstruction in Q-space for diffusion MR tractography
Computer-Assisted Radiology and Surgery 2015, Barcelona, Spain, June 2015
(conference paper: Int. J. Comp. Assist Rad. Surg. 10(S1):S192-S193, 2015)

2. Nomura Y, Masutani Y, Kudo S, Nakaguchi T, Hanaoka S, Nemoto M, Miki S, Yoshikawa T, Hayashi N,
Preliminary study for training and evaluation of various computerized detection software of cerebral aneurysms in-hospital testbed environment
Computer-Assisted Radiology and Surgery 2015, Barcelona, Spain, June 2015
(conference paper: Int. J. Comp. Assist Rad. Surg. 10(S1):S132-S133, 2015)

3. Masutani Y,
An Algorithm Dedicated to Corticospinal Tract Tracking by Tensor Field Replacement for Crossing Fiber Cancelling
MICCAI DTI Challenge on Tractography for Brain Tumor Surgery, Oct., 2015

4. Hanaoka S, Nomura Y, Nemoto M, Miki S, Yoshikawa T, Hayashi N, Ohtomo K, Masutani Y, Shimizu A,
HoTPiG: A Novel Geometrical Feature for Vessel Morphometry and Its Application to Cerebral Aneurysm Detection
MICCAI 2015 Volume 9350 of the series Lecture Notes in Computer Science pp 103-110

5. Miyazaki D, Saneshige T, Baba M, Furukawa R, Aoyama M, Hiura S
Metamerism-Based Shading Illusion, Proc. IAPR Int. Conf. on Machine Vision Applications
MVA2015, May, 2015


・国内学会・研究会発表

1. Nomura Y, Miki S, Hayashi N, Masutani Y, Hanaoka S, Nemoto M, Yoshikawa T, and Ohtomo K,
Building an integrated CAD development environment in clinical settings (the 8th report): toward the realization of open CAD processing environment
第74回日本医学放射線学会総会抄録集, pp.S339、Apr. , 2015

2. 松本尚, 青山正人, 増谷佳孝, 山本秀也, 木原康樹,
4DCT画像における左心室の形状トラッキング 〜 DPマッチング法とDemonsアルゴリズムによる手法の比較 〜
電子情報通信学会医用画像研究会 (信学技報, vol. 115, no. 301, MI2015-60, pp. 15-18), 2015年11月

3. 松本尚, 青山正人, 増谷佳孝, 山本秀也, 木原康樹,
4DCT画像における左心室の形状トラッキング −Demonsアルゴリズムによる手法の評価−
動的画像処理実利用化ワークショップ (DIA) 2016, 講演論文集, IS1-D1, 2016年3月

 

・講演

1. 増谷佳孝
計算機による医用画像理解を目的とした解剖学的構造物のモデリング
日本医学放射線学会・日本医学物理学会・日本放射線技術学会の合同シンポジウム「放射線医療における自動化(オートメーション)技術にどう向き合うか?」, 2015年4月

2. 増谷佳孝
医用画像解析技術の現状:医療・医学研究におけるニーズと期待される技術シーズ
広島信用金庫主催 医用機器分野参入セミナー, 2015年6月

3. 増谷佳孝
CIRCUSプロジェクト概要
第9回次世代コンピュータ支援診断ソフトウェア臨床使用・評価プラットフォーム研究会, 2015年6月

4. 増谷佳孝
拡散MRIデータの解析と診断・治療への応用
第11回広島MRIセミナー, 2015年7月

5. 増谷佳孝
Fast and Robust Estimation of Diffusional Kurtosis Imaging (DKI) Parameters by General Closed-form Expressions and their Extensions
日本磁気共鳴医学会優秀論文賞受賞記念講演, 2015年9月

6. Yoshitaka Masutani
Medical Image Understanding and Computational Anatomy
2015 IEEE 8th International Workshop on Computational Intelligence and Applications (IEEE IWCIA2015), Nov. 2015

7. 増谷佳孝
CIRCUSプロジェクト概要
第10回次世代コンピュータ支援診断ソフトウェア臨床使用・評価プラットフォーム研究会, 2015年12月

8. 増谷佳孝
拡散MRI解析における数理的基礎と応用
第174回医用画像情報学会, 2016年2月

 

2014年度

・英文原著論文

1. Masutani Y, Aoki S.
Fast and robust estimation of diffusional kurtosis imaging (DKI) parameters by general closed-form expressions and their extensions.
Magn Reson Med Sci. 13(2):97-115, Apr., 2014

2. Hori M, Tsutsumi S, Yasumoto Y, Ito M, Suzuki M, Tanaka FS, Kyogoku S, Nakamura M, Tabuchi T, Fukunaga I, Suzuki Y, Kamagata K, Masutani Y, Aoki S.
Cervical spondylosis: Evaluation of microstructural changes in spinal cord white matter and gray matter by diffusional kurtosis imaging.
Magn Reson Imaging. 32(5):428-32., Jun., 2014

3. Hori M, Yoshida M, Yokoyama K, Kamagata K, Kumagai F, Fukunaga I, Kamiya K, Suzuki M, Masutani Y, Hamasaki N, Suzuki Y, Kyogoku S, Hattori N, Aoki S.
Multiple sclerosis: Benefits of q-space imaging in evaluation of normal-appearing and periplaque white matter.
Magn Reson Imaging. 32(6):625-9, Jul., 2014

4. Igaki H, Sakumi A, Mukasa A, Saito K, Kunimatsu A, Masutani Y, Hanakita S, Ino K, Haga A, Nakagawa K, Ohtomo K.
Corticospinal tract-sparing intensity-modulated radiotherapy treatment planning.
Rep Pract Oncol Radiother. 19(5):310-6, Jul., 2014

5. Takaki Y, Aoyama M, Komoto D, Higaki T, Hiura H, Awai K
Computerized Determination of the Likelihood of Malignancy of Pulmonary Nodules Using High-resolution CT and Positron Emission Tomography Scans
Advanced Biomedical Engineering, 3:116-122, Oct., 2014

6. Haga A, Nakagawa K, Maurer C, Ruchala K, Chao E, Casey D, Kida S, Sakata D, Nakano M, Magome T, Masutani Y.
Reconstruction of the treatment area by use of sinogram in helical tomotherapy.
Radiat Oncol. 9(1):252, Nov. 2014 [Epub ahead of print],

7. Nakagawa K, Haga A, Sasaki K, Kida S, Masutani Y, Yamashita H, Takahashi W, Igaki H, Sakumi A, Ohtomo K, Yoda K.
Lung tumor motion reproducibility for five patients who received four-fraction VMAT stereotactic ablative body radiotherapy under constrained breathing conditions: a preliminary study.
J Radiat Res., 55(6):1199-201, Nov., 2014

 

・和文原著論文

1. 野村行弘、増谷佳孝、三木聡一郎、花岡昇平、根本充貴、吉川健啓、林直人、大友邦
遠隔読影環境における多施設連携型CAD開発、実運用、および継続的性能改善
MEDICAL IMAGING TECHNOLOGY, vol.32, no.2, pp.98-108, 2014

2. 宮崎大輔, 高橋可菜実, 馬場雅志, 青木広宙, 古川亮, 青山正人, 日浦慎作
メタメリズムアート制作のための油絵の具の混合比率推定
電子情報通信学会論文誌D, Vol.J97-D, No.8, pp.1250-1262, 2014

3. 青木広宙, 古川亮, 西谷維心, 青山正人, 日浦慎作, 小南陽子, 松尾泰治, 吉田 成人, 田中信治, 佐川立昌, 川崎洋
グリッドアクティブステレオを用いた三次元消化器内視鏡におけるキャリブレー ション手法
生体医工学, Vol.52, No.2, pp.97-107, 2014

 

・国際学会・研究会発表

1. Hanaoka S, Masutani Y, Nemoto M, Nomura Y, Miki S, Yoshikawa T, Hayashi N, Ohtomo K,
Semiautomatic segmentation of whole-spinal vertebrae in CT volumes by multiatlas method: accuracy improvement by using anatomical landmark position information
Int. J. of CARS 9(suppl.1)pp.S299-300, June, 2014

2. Masutani Y,
On the Effect of Diffusion Tensor Estimation Accuracy for Pyramidal Tract Tracking with Crossing Fiber Cancelling
MICCAI 2014 DTI Challenge, Sep., 2014

3. Nakane T, Baba M, Hiura S, Furukawa R, Miyazaki D, Aoyama M
Simulating Tilt-Shift Lens Using Distributed Ray Tracing
IEVC2014, Oct. 2014

4. Baba M, Ishimaru K, Hiura S, Furukawa R, Miyazaki D, Aoyama M
Estimation of Scattering Properties of Participating Media Using Multiple-Scattering Renderer
IEVC2014, Oct. 2014

5. Furukawa R, Aoyama M, Hiura S, Aoki H, Kominami Y, Sonomura Y, Yoshida S, Tanaka S, Sagawa R, Kawasaki H
Calibration of a 3D Endoscopic System based on Active Stereo Method for Shape Measurement of Biological Tissues and Specimen
EMBC2014, pp. 4991-4994, Aug. 2014

 

・国内学会・研究会発表

1. Nomura Y, Masutani Y, Hayashi N, Miki S, Hanaoka S, Nemoto M, Yoshikawa T, Ohtomo K
Building an integrated CAD development environment in clinical settings (the 7th report): Continuous performance improvement of CAD by multi-institutional collaboration
第73回日本医学放射線学会総会抄録集, pp.S443, 2014年4月

2. 野村行弘、増谷佳孝、根本充貴、花岡昇平、三木聡一郎、吉川健啓、林直人、大友邦
画素識別器の再学習による頭部MRA画像の脳動脈瘤自動検出の性能改善
第33回日本医用画像工学会抄録(CD-ROM), OP4-3, 2014年7月

3. 松本尚,青山正人,古川亮, 宮崎大輔,馬場雅志,日浦慎作,増谷佳孝,山本秀也,木原康樹
心電同期CT画像による心室動態解析のための高速な対応点探索の一手法
画像の認識・理解シンポジウム2014 (MIRU 2014), SS3-27, 2014年7月

4. 増谷佳孝,堀正明,青木茂樹
拡散MRIにおけるMPG方向およびb値の自由配置サンプルデータからのq空間およびPDF再構成
第42回日本磁気共鳴医学会大会,予稿集, pp.292, 2014年9月

5. 鶴田航平, 錦織瞭, 堀正明, 野尻龍二, 増谷佳孝, 青木茂樹, 妹尾淳史
拡散MRIを用いた脳腫瘍におけるtissue characterizationの試み:各組織の拡散定量値のvoxel-by-voxel study
第42回日本磁気共鳴医学会大会,予稿集, pp.350, 2014年9月

6. 濱崎望, 佐藤秀二, 福永一星, 堀正明, 鈴木由里子, 増谷佳孝, 芳士戸治義, 青木茂樹
Multi band EPIを用いたq space imageの検討
第42回日本磁気共鳴医学会大会,予稿集, pp.350, 2014年9月

7. Q-Space Imaging:腰椎変性椎間板における検討
桂正樹, 鈴木雄一, 笠原朗弘, 森墾, 國松聡, 堀正明, 増谷佳孝, 青木茂樹, 大友邦
第42回日本磁気共鳴医学会大会,予稿集, pp.427, 2014年9月

8. 野代史康, 青山正人, 増谷佳孝
計算機による医用画像理解を目的とした深層学習によるCT画像の撮影部位認識
医用画像連合フォーラム(信学技報, vol. 114, no. 482, MI2014-84, pp. 143-146), 2015年3月

9. 中村優記, 岡田洋州, 青山正人, 増谷佳孝
拡散尖度MRIの雑音低減を目的とした全変動による拡散強調像の正則化
医用画像連合フォーラム(信学技報, vol. 114, no. 482, MI2014-96, pp. 205-208), 2015年3月

10. 松本尚, 富岡義樹, 青山正人, 増谷佳孝
あいまいな境界情報の入力に基づく対話的臓器領域抽出法
医用画像連合フォーラム(信学技報, vol. 114, no. 482, MI2014-101, pp. 233-236), 2015年3月

11. 野村行弘, 増谷佳孝, 工藤俊介, 上原貴博, 平野諒司, 中口俊哉, 花岡昇平, 根本充貴, 三木聡一郎, 吉川健啓, 林直人, 大友邦
UTH CAD Challenge 2014中間報告 〜 臨床施設におけるCADソフトウェアの学習・経時的評価の試み 〜
医用画像連合フォーラム(信学技報, vol. 114, no. 482, MI2014-117, pp. 317-320), 2015年3月

12. 松本尚, 青山正人, 増谷佳孝, 山本秀也, 木原康樹
心電同期CT画像における左心室の対応点追跡の検討
動的画像処理実利用化ワークショップ (DIA) 2015, 講演論文集, IS2-B2, 2015年3月

 

・講演

1. 増谷佳孝
QSI,DKIの原理と解析法およびソフトウェアへの実装に関して
advanced CT・MR 2014, 2014年6月

2. 増谷佳孝
CIRCUSプロジェクト概要
第7回次世代コンピュータ支援診断ソフトウェア臨床使用・評価プラットフォーム研究会, 2014年7月

3. 増谷佳孝
CAD challenge(共同実験)について
第7回次世代コンピュータ支援診断ソフトウェア臨床使用・評価プラットフォーム研究会, 2014年7月

4. 増谷佳孝
CIRCUSプロジェクト概要
第7回次世代コンピュータ支援診断ソフトウェア臨床使用・評価プラットフォーム研究会, 2014年12月

5. 増谷佳孝
臨床画像の可視化、解析および認識 ―拡散MRIを中心として―
第9回MRI撮像技術勉強会(広島平和クリニック), 2014年12月

6. 増谷佳孝
UTH CAD challenge 2014概要
第8回次世代コンピュータ支援診断ソフトウェア臨床使用・評価プラットフォーム研究会, 2014年12月

7. 青山正人
MRAにおける脳動脈瘤の自動検出について
第8回次世代コンピュータ支援診断ソフトウェア臨床使用・評価プラットフォーム研究会, 2014年12月